7月な日々 2022年

+ + +

「おじさんって 普段 何してるんですか?」に対する ささやかな回答集。

気がつけば 7月24日に なってしまいました。7月も 進みが早いです。

ダイハツ エッセくん

ひさしぶり?の マニュアルミッションの車です。

ギヤをガチャガチャしながら運転するのが 楽しくて楽しくて、ついつい遠出してしまいます。

神奈川県横須賀市 長井(ながい?)という町らへんに 荒崎公園(あらさきこうえん)という 海辺でまったりできる場所があって、しかも 平日は 駐車場が無料で開放されています。

ソレイユの丘の近くです。

平塚市からは 134号線を 東に向かって ひたすら走っていくと、右折2回 左折1回で 荒崎公園の駐車場まで たどり着くことができます。

ただただ まっすぐな道を走るだけでも、マニュアルミッションの車って 楽しいんです。なんでこんなに 楽しいのでしょうか。不思議です。

エッセくん 納車後の整備

エッセくんは 車検取得のみ ⇒ つまり 現状販売で買ってきたので、納車されてから 自分で整備をしています。

オイルを交換したりとか

補機類を動かしてるベルトを交換したりとか。

素人なので どうしても 時間は かかりますが、純粋な機械物は いじくっていて とても楽しいです。

とみかつ とんかつ 衣笠駅 商店街

JR横須賀線の 衣笠駅の北側に広がる 衣笠商店街の一角に とんかつ屋さん(とみかつ)があります。

あんどーくんと かとーくんと 一緒に ぶらぶら出かけたときに 立ち寄りました。とんかつの味も お店の雰囲気も とても よくて もう1度行きたいお店です。

早く行こう。

この日も 荒崎公園と その近くの長井荒井漁港らへんを ぷらぷらと 散歩しました。

夏です 夏休みです

お客様達は いよいよ夏休みが始まりました。

そうそうに 宿題に手をつける人が いたり、部活ばっかりで 真っ黒になっている人が いたり。

夏休みが はじまって 1週間くらいは、みなさんスター状態ですね。(スーパーマリオのスターを取って 無敵の状態?)

そういう姿(気が緩んでいる感じ)をみると、やっぱり学校っていうのは いい意味でも いい意味ではなくても、ストレスが かかる場所なのかと、そんなことを感じます。

『夏休みのある小学校時代に帰りたい』という歌詞が ミスチルさん達が歌っている 光の挿す方へ という曲の中に あります。

定点観察 平塚新港編

僕も なんとなく 夏休みっぽい気分を味わいたくて、平塚新港まで 自転車で お出かけしました。

この曲が 発表されたのは 1999年のことで、ミスチルさん達の 16枚目のシングル曲です。

ちょうど 貨物列車が 走ってきました。

1999年は 2022年から さかのぼると 23年前で、23年前の大人たちも 夏休みがある小学校時代に戻りたいって 考えていたのかと思うと、なんだか不思議な気持ちになります。

もし23年前に 35歳だとしたら、その人たちは 今頃 58歳のはず です。58歳(60歳手前)になっても、夏休みのある小学校時代に戻りたいって 思うのでしょうか。

僕が この曲を はじめて聞いたのは たしか中学生のころで、骨?と肉?の絵が描いてある(サイ?の絵が描いてあったような気がする)ベストアルバムに収録されていた気がします。

その後、高速道路で渋滞に巻き込まれながら 聞いたこともあるし、なんとなく思い出せる いろいろな出来事の中で、この曲を聞いていた記憶があります。

(そして今回も 自他ともに認めるポンコツなクルマを 買ってきてしまいました)

そういう意味で、世間一般で どこにでもありがちな人生を 送っていると考えるか。もしくは ミスチルさん達が、世間一般で どこにでもありがちな人生のように 感じやすいことを、歌詞にすることが 得意だったと 考えるべきか。

夏休みって 素敵ですよね。

時間が 限りなく 無限にあるように感じられるからこそ、なにか新しいことをやってみようと、ちょっとだけ 夢見がちになれるじゃないですか。

6月な日々 ⇒ 6月な日々