算数と数学と高校受験 平塚市の個別指導塾

算数教室の 先生(おじさん)の日常

時計 diy 木の壁掛け時計を作りました 自作

+ + +

手作り時計用のムーブメントと 木の板を使って 壁掛け時計を作り(diy 自作)ました。

f:id:inthepig:20220216171243j:plain

アジト(おうち)に転がっていた木の板(樹種が分からない・・)を使って 壁掛け時計を自作(diy)しました。

「株式会社 誠時」の 手作り時計用ムーブメント(sp-400)と 針(sh-8bk)を使いました。ムーブメントには いくつかの種類があって、sp-400は 厚みが18mmまでの板を 文字盤として利用することが可能です。

f:id:inthepig:20220216171317j:plain

▲↑▲ 全体はこんな感じ。

アジト(おうち)の倉庫に ずっと転がっていて ホコリだらけで 反りがグワングワンになっていた 無垢の板を 電動かんなと 手がんなで 平面な板にするところからスタートしました。

f:id:inthepig:20220216171300j:plain

時計の目盛り?飾り?文字?を イイ感じに作りこむ技術が無いので、木栓を挿しんでから5角形になるように削りこみ ささやかな 飾り目盛りと しています。

時計 diy 自作 手作り時計

木工の手作り時計diyで 最も難しい作業は(たぶん? おそらく?)ムーブメントのシャフトが通る穴を 正確にあけることです。

f:id:inthepig:20220216171227j:plain

手作り時計用ムーブメントの説明書に従って ボール盤で直径8mmの穴を開けます。このときに ムーブメントのシャフトが通る穴は、文字盤の平面に対して 垂直に貫通している必要があります。

f:id:inthepig:20220216171252j:plain

文字盤に対して 穴が垂直に開いていないと、文字盤の上で 一定の距離を保ったまま 針が回転できなくなってしまいます。

(sin1度の値は 約0.017です。穴が 1度傾いたとき 半径10cmの位置では 針の高さが約1.7mm変わることになります。たいしたことのない数字に思えるのですが、文字盤と針の距離が10mm程度なので、1mmずれるだけで 見た目の違和感が それなりに大きくなります。)

f:id:inthepig:20220216171238j:plain

ボール盤のテーブルに こそこそとマスキングテープを貼って、文字盤の表面と ドリルが垂直になるように 調整します。

(文字盤に使おうとしている 無垢板の表裏が 完全に平行な面内にあれば、こんなめんどうなことは考えなくても大丈夫です。)

ムーブメントが収まる穴を掘る 手作り時計

次に ムーブメントがおさまる穴を掘ります。

f:id:inthepig:20220216171257j:plain

ボアビット(フォスナービット)を使って ゴリゴリ掘ります。このような穴掘りを行うとき ボール盤は 本当に便利です。

(最近 アジトの道具が増えてきて diyから 工場に変わりつつあるような そんな気がしています。)

f:id:inthepig:20220216171255j:plain

無垢板の厚みが 約40mmあるので、厚物専用ムーブメント(sp-400)のシャフト有効長(18mm)になるまで、文字盤を掘りこむ必要があります。

文字盤を作る 自作時計 diy

時計の文字盤を 作りこみます。

f:id:inthepig:20220216171309j:plain

反りでグワングワンだった板の厚みを 電気がんなで 大まかに整えます。その後で 板の裏表がなるべく平行な面内に収まるように 手がんな(普通の鉋)を使って 平面を作りこみます。

f:id:inthepig:20220216171233j:plain

鉋(かんな)で仕上げた後で 240番 ⇒ 320番まで 紙やすり(ペーパー)をかけ、ワトコオイル ミディアムウォルナット色を塗りこみました。

f:id:inthepig:20220216171249j:plain

12時の位置と 6時の位置に、木栓を使って 飾り目盛りを作ります。あらかじめ開けた穴に 12mmの丸棒を打ちこんでから、(上の絵のように下駄を履かせつつ)目盛りの高さが約5mmになるように 切り取ります。

f:id:inthepig:20220216171311j:plain

▲↑▲ まずは こんな感じ。

f:id:inthepig:20220216171246j:plain

▲↑▲ 次に こんな形の治具と 細工用の小さいのこぎりを使って 木栓の形が 5角形になるように 角を切り落としていきます。

f:id:inthepig:20220216171236j:plain

▲↑▲ 治具を回し 切り落とす角度を変えながら 5回分 同じ作業を繰り返すと、こんな形の5角形に 木栓の頭を整形することができます。

f:id:inthepig:20220216171300j:plain

▲↑▲ 色をつけるとこんな感じ。

f:id:inthepig:20220216171303j:plain

▲↑▲ 6時の位置の 目盛りは 3角形にしました。

f:id:inthepig:20220216171241j:plain

できました。

無垢板の文字盤が 完成です。あとは気が済むまで 表面を磨いて ツヤを出します。

diy 自作の壁掛け時計を組み立てる

壁掛け時計なので 壁にかけるためのフックを取りつけます。

f:id:inthepig:20220216171306j:plain

なるべく簡単で 強度が出そうな作り方を いくつか考えた中で、引き出し用の取っ手を 流用する方法を選びました。

f:id:inthepig:20220216171230j:plain

ムーブメント(sp-400 株式会社 誠時)を取り付けます。

f:id:inthepig:20220216171222j:plain

ここまでくれば ルンルンで針(sh-8bk 株式会社 誠時)を差しこみます。

f:id:inthepig:20220216171224j:plain

単三電池をいれて 時刻をあわせて 壁掛け時計の完成です。

f:id:inthepig:20220216171314j:plain

こんな感じ。

f:id:inthepig:20220216171317j:plain

文字盤の どっち側を 12時の目盛りにしようか(どっちを上向きにしようか)とても悩みました。

f:id:inthepig:20220216171319j:plain

▲↑▲ 反対向き(さかさま)も よさそうだったんですが、木目の向きから 木が生えていた時の上向きを想像して 木が生きていた時の上向きと 同じ向きが上になるように、12時の目盛りの位置を 決めました。

f:id:inthepig:20220216171243j:plain

youtubeやblogで 多くの先人達が 木工の 自作diy時計の作り方を 掲載しています。いつも いーなーと思って 見ていました。

ボール盤を導入した理由のひとつが ムーブメントが収まる穴を 楽に 掘るためでした。想定通りの使い方ができて ちょっとした自己満足を味わいました。

f:id:inthepig:20220305213014j:plain

欅(ケヤキ)の切れ端で 置時計を作りました ⇒ 木の置時計を作りました diy 手作り時計

f:id:inthepig:20220128081850j:plain

卓上ボール盤を導入します ⇒ 芯ブレとチャック交換 BB-300A 卓上ボール盤の調整