算数と数学と高校受験 平塚市の個別指導塾

算数教室の 先生(おじさん)の日常

カミヤ式の馬(作業台)を作る カミヤ先生のウマ diy

+ + +

知っている人は 知っている カミヤ先生の馬(カミヤ式のウマ)を作りました。

f:id:inthepig:20220211191128j:plain

「Youtubeで 木工 diy 関連の動画を見ていると 絶対に出てくる」それが カミヤ式のウマ(作業台)です。

ホームセンターで売っている ツーバイフォー(2×4)材と ツーバイシックス(2×6)材を使って カミヤ先生の カミヤ式の馬(ウマ)を作ります。

カミヤ式の馬 カミヤ先生のウマ diy

カミヤ先生が いつもの動画で使っている 天板の幅が広めの 馬(ウマというか作業台)を作ります。

f:id:inthepig:20220211191235j:plain

カミヤ先生が販売している カミヤ式DIYキット「馬」よりも 幅広の天板になるように、ツーバイシックス(2×6)材を天板に選びました。幅が 約140mmの材料です。

作業台には、作業中に ちょっとしたものを置いておきたい用途もあるので、幅広の天板で 馬を作ることにしました。結果的に、幅広天板は とても使いやすく 大正解です。

f:id:inthepig:20220211191102j:plain

材料は ホームセンターで手に入るSPF材を使い、ワトコオイルの ミディアムウォルナット色で色付けをしました。

各部材の寸法は カミヤ先生の動画を参考に決定し、作業馬(ウマ)の高さが 約700mmになるように 脚の長さを決めました。

ツーバイフォー材の木取り 作業馬

反り(曲がり)と ねじれが少ない材料(spf材)を ホームセンターで選びます。

f:id:inthepig:20220211191148j:plain

大きな節をよけて 木取りをします。天板の上面高さが 約700mmになるように 脚の長さを決めました。

f:id:inthepig:20220211191142j:plain

木取りのときに どうしても よけきれない 大きめの節に対して、あらかじめ トリマーを使って 1段(1mm強程度)の掘りこみをします。

そうすることで 鉋身(刃)が 硬い節の部分に当たらなくなるので 鉋(かんな)が かけやすくなります。

f:id:inthepig:20220211191210j:plain

▲↑▲ このような トリマー用のテンプレートを作って 正方形の掘りこみを量産します。テンプレートを 1度作ってしまえば 短時間で 加工ができます。

f:id:inthepig:20220211191040j:plain

ツーバイシックス(2×6)材の天板は 節の少なさよりも ねじれの少なさを重視して 材料を選んだので 大きめの節が たくさんありました。

f:id:inthepig:20220211191100j:plain

芯を持った材料だったので、乾燥が進んだときの ひび割れが 今以上に進まないように(気休め程度の加工ですが)背割りのような溝を 丸のこで 掘りました。

また、断面が台形になるように(ちょっとオシャレ?)丸のこを使って 側面を整えます。

f:id:inthepig:20220211191219j:plain

鉋(かんな)で 表面を整えます。使っていくうちに 再度 反りが進むと思いますが、現時点で できるかぎり フラットな表面を作りこみました。天板の長さは 約900mmです。

f:id:inthepig:20220211191131j:plain

脚の下側(土台?)になる部材(部品?パーツ?)の 断面を45度に落とします。

f:id:inthepig:20220211191043j:plain

脚と天板の間に 斜めに取りつける 筋交い?のような補強の部品も 45度に整えます。

ホームセンターで材料をそろえて 切って 切って 部品をそろえると それなりに大変です。カミヤ式DIYキットの馬は 最初から部品が 切りそろえてあるそうで、そういう意味で ラクチン(作業時間の短縮)ができるのかと そう思います。

溝加工 丸のこ 馬 カミヤ式

(たぶん ここが 一番難しい と思われる)天板に 脚をさしこむための 溝加工をします。

f:id:inthepig:20220211191051j:plain

溝の幅を決める 最も外側の のこ溝だけは 電動丸のこではなくて 手のこで 加工すると 溝の幅を正確に決めることができます。

f:id:inthepig:20220211191226j:plain

▲↑▲ このように のこぎりガイドを使って(どんな木片でもいいので のこぎりの刃を 何かに押しつけながら ノコをひく)溝をほると 思い通りの位置に 直線に近いのこ溝が掘れて 大きな失敗は 少なくなります(と思います)。

f:id:inthepig:20220211191156j:plain

▲↑▲ 脚になる部品を はさみこむようにして のこぎりガイドの位置を決めます。このように現物の大きさを 直接的に 溝の幅に落としこむことで スカスカになることも キチキチになることも 防ぐことができます。ちょうどよい幅に 溝が加工できます。

f:id:inthepig:20220211191202j:plain

外側の溝を2本分 手のこで じっくりと寸法を追いこみながら ひきます。残りは カミヤ先生の動画のように 深さをそろえて 電動丸のこで ざっくりと 切りこみをいれます。

f:id:inthepig:20220211191137j:plain

のみを入れる前に「どの位置まで 切り落とすのか」という目印線を カッターなどで 切りこんでおく、予定外の部分まで のみが入ってしまったり 欠けてしまったり することを 防げます。

なにより 仕上がりが きれいになります。

f:id:inthepig:20220211191134j:plain

最後の深さ調整は プランジ刃のついたビットを使って トリマーで加工すると、均一な深さに 仕上がります。

このときも なんでもいいので木片を 定規代わりのガイドに使うことで 予定外の部分に傷をつけてしまったり 欠けてしまったりという事故を 防げます。

f:id:inthepig:20220211191113j:plain

脚の大きさにあわせた オーダーメイドの溝加工(溝幅)になっているので、どの脚が どの溝に収まるのか 印をつけて 管理する必要があります。

f:id:inthepig:20220211191051j:plain

少し手間はかかりますが、ちょっとした工夫で ピッタリ収まる溝加工に 仕上げることができます。

木工の本を読んでいると「大入れ」という名称の つなぎ合わせ方法として 紹介される 木と木の組み合わせ方になります。

カミヤ先生の動画のように 電動丸のこだけで バーっと加工ができるようになるには かなりの熟練が必要なんだと思います。

穴あけ ダボ 木栓の穴をあける

丁寧に仕上げたいので、ボール盤を使って 木栓(ダボ)用の穴を開けます。

f:id:inthepig:20220211191145j:plain

12mmの 竹用ドリル(株式会社 スターエム)を使っています。時間があるときに 埋め木錐(ウメキキリ)を使って 木栓を作ります。

f:id:inthepig:20220211191238j:plain

木取りのときに 穴位置に 大きな節がこないように配置すると、失敗が少なくなります。

節部分は 木が固いので ドリルの刃先が 思わぬ方向にズレて入っていきます。下穴が まっすぐ開いていないと 打ち付けるビスも 思わぬ方向に 入っていってしまいます。

ワトコオイル ミディアムウォルナット色 spf材

ワトコオイル ミディアムウォルナット色を使って カミヤ式の馬(ウマ)に 色をつけます。

f:id:inthepig:20220211191123j:plain

ワトコオイル ミディアムウォルナットを ツーバイフォー材(SPF)に塗布すると こんな色味になります。

f:id:inthepig:20220211191110j:plain

ワトコオイルを塗る前に 木材の下準備をします。鉋(かんな)で表面を仕上げてあるので オイルが入りやすいように 240番のペーパーで 表面を整えます。

f:id:inthepig:20220211191150j:plain

ワトコオイルを 少量ずつ取り出せるように 100均などで売っている お醤油やソース用のボトルに ワトコオイルを移し替えます。

f:id:inthepig:20220211191126j:plain

使いふるした靴下の切れ端に ワトコオイルをしみこませながら ちょっとずつ色をつけていきます。

ハケで塗るよりも ワトコオイルを節約しつつ 余分なオイルをふき取りつつ 塗ることができます。

f:id:inthepig:20220211191123j:plain

節の部分や 亀裂が入っている部分、ひび割れの部分などは、歯ブラシや 綿棒を使って 奥までオイルが しみわたるように 塗り進めます。

f:id:inthepig:20220211191118j:plain

1回目の塗装が終わったら 1時間くらい休憩して、みんな大好き ワトコオイルの ウエット研磨で 2度塗りをします。400番のスポンジヤスリを使っています。

毛羽立ちが落ちればいいくらいの力加減で オイルをつけながら サッとなでる感じで仕上げます。

f:id:inthepig:20220211191046j:plain

こんな感じ。

f:id:inthepig:20220211191121j:plain

作業馬(ウマ)として使うのが もったいなくなってしまうくらいの しっとりとしたツヤのある いい感じの木肌になりました。

ワトコオイルは 200mlの缶を用意しまして、2脚の馬を塗って ギリギリ足りるくらいの量でした。足りなくなりそうで 危なかったです。

カミヤ式の馬を組み立てる

ワトコオイルによる塗装が終わったら いよいよ カミヤ式の馬の 組み立てです。

f:id:inthepig:20220211191213j:plain

地面に対して垂直な方向にドリルやビスを打てるように 材料の置き方を工夫します。

f:id:inthepig:20220211191140j:plain

(マニアックな話です ⇒)半ネジのコーススレッドではなく、ネジの座面(接触面積が広くなるように)が大きいネジ(ワッシャーを組み合わせる)を使っています。半ネジのビスを打ったときのような 引き寄せ効果を再現するためには、ビスが通る穴のサイズを工夫する必要があります。

コーススレッドを使った 木工接合の 破壊実験動画を見ていると、コーススレッドのネジ底面(逆三角錐形状の部分 ラッパ形状の部分?)が 木材を突き抜けて 破断にいたるような 破壊の様子が 多いような気がします。

ということで ネジの座面が 木材を突き抜けるような破壊を なるべく回避したいので、ネジの座面がテーパー形状(ラッパ形状)になっているコーススレッドではなく、ネジの座面面積を なるべく広くとれるネジ(トラス頭のネジを使ったり ワッシャーを組み合わせたり)を 使って接合するようにしています。

f:id:inthepig:20220211191233j:plain

ひとまず 天板と 脚と 土台?を組んでしまいます。

f:id:inthepig:20220211191216j:plain

▲↑▲ このように定規(なんでもいいので まっすぐな棒)を使って 土台が 脚に対して 90度に 取り付けできていることを 確認しました。

あわせて 両側の土台が およそ平行に組めていることも 確認します。

f:id:inthepig:20220211191208j:plain

また、脚に対する土台の向きが 互い違いになるように 取り付け方向に間違いが ないように 注意して組み立てます。

f:id:inthepig:20220211191221j:plain

脚に対する土台の取り付け向きを間違うと このような 互い違いの重ね合わせが できなくなります。

f:id:inthepig:20220211191205j:plain

▲↑▲ 土台を脚に組むときは このような感じでクランプを組み合わせて 土台を脚にクランプしました。

脚に対する土台の位置を しっかりと決めるために あらかじめクランプした状態で下穴をあける必要があります。

補強部材の取り付け方法 カミヤ式の馬

カミヤ先生の動画のように 天板と脚に対して 裏側となる方向から 補強部材を取り付けようとしましたが、上手くできませんでした。

f:id:inthepig:20220211191230j:plain

ビスが斜めに入るので 補強部材がクサビのような働きをしてしまい、天板と脚の垂直な接続を 狂わせてしまいます。

というわけで ビス穴が表に出てしまうんですが、外側から(天板も脚もどちらも)補強部材にビスを打って 固定しました。

f:id:inthepig:20220211191115j:plain

▲↑▲ この写真で分かるように 脚も天板も ばっちり外側から 2本ずつ ビスを打って ななめの筋交いのような補強板を 固定しています。

f:id:inthepig:20220211191049j:plain

▲↑▲ このようなクランプのかけ方で ななめの筋交いのような 補強部品を固定して、下穴を開けたり ネジを打ったりしました。

f:id:inthepig:20220211191057j:plain

ななめ?(水平垂直以外の組み合わせ)のときは、その ななめの角度に合わせて 同じ角度のクランプ補助具?のような部品があると、しっかりとクランプで固定ができます。

脚の土台と接地点 カミヤ式のウマ

カミヤ先生の寸法をひろって 脚の土台は 約500mmの長さで 設計しました。

f:id:inthepig:20220211191208j:plain

おかげで ものすごーく 安定しています。

馬(ウマ)を 引きずったときに 土台の裏側が キズキズになってしまうことを防ぐために、接地点を明確にすることにしました。

f:id:inthepig:20220211191153j:plain

▲↑▲ このように 約3mm飛び出るような 木栓を 土台の裏側(地面と接触する面)に 打ちこみました。

これで、馬を引きずったときに 木栓の頭から 削れるはずです。この木栓が 削れてなくなってきてしまったら、また新しい木栓を打つことにします。

カミヤ式のウマを作りました カミヤ先生の馬

そんなこんなで、カミヤ先生の馬(作業台)が 完成しました。

f:id:inthepig:20220211191235j:plain

まだ 木栓を埋めていませんが、しばらく使ってみて このまま 問題なく使えそうなことを確認したら、木栓でビスの頭を隠そうと思います。

(組み上げてから数日は 木が動くので ビスの増し締めが必要なような そんな気もします。)

f:id:inthepig:20220211191105j:plain

天板の側面は およそ5度の角度で 台形になるように 形を決めました。

f:id:inthepig:20220211191108j:plain

たかが作業台 たかが馬(ウマ)なんですが、大事に長く使いたいので ちょっとだけ見た目(デザインと色)に こだわりました。

ワトコオイルの ミディアムウォルナット色は 今回初めて使いました。主張がひかえめの どこにでも解けこみやすく なじみやすい とってもいい色だと思いました。

f:id:inthepig:20220211191128j:plain

カミヤ先生の動画では カミヤ先生が サクッと 簡単に 組み立てているように見えますが、実際に作ってみると「とっても」大変です。

f:id:inthepig:20220211191102j:plain

カミヤ先生のyoutubeでは、diyを はじめたばかり人に対して「とりあえず最初の作品として 作ってみれば!」という雰囲気になっています。

(これは個人的な感想ですが diy初心者?の人?には まぁまぁ重い課題だなぁ と思いました。)

f:id:inthepig:20220211191115j:plain

というわけで、カミヤ先生の カミヤ式の馬(ウマ)を作りました。

f:id:inthepig:20220131180134j:plain

欅(ケヤキ)のコンソールテーブルを作りました ⇒ ケヤキのコンソールテーブルを作りました