算数教室と暮らし 平塚市の個別指導塾

算数教室の 先生(おじさん)の日常

学校の先生と 教え方が違うときがあります

本当に申し訳ないのですが、学校の先生とは違う教え方をするときがあります。

f:id:inthepig:20211121211334j:plain

学校の先生は

「赤信号は渡らない」

「信号が青に変わってから渡ろう」

と教えているとします。

f:id:inthepig:20211121211337j:plain

僕(おじさん)はちょっと違います。

「赤でも青でも 車やバイクが こっちにむかって来ないことを確認しよう」

「赤のときは渡らない」

このように伝えています。

学校の先生と 塾の先生の 教え方が違う

本当にときどき お父さんやお母さんから こそっと伝えてもらうことがあります。「学校の先生と教え方が違うみたいなんですけど・・・」と。

本当に申し訳ないのですが、学校の先生とは 教え方が違うときがあります。

f:id:inthepig:20211121211334j:plain

「赤は止まる」

「青は進める」

青信号の交差点を渡っていたとしても 車やバイクが ブーンと こちらにむかって来ることがあります。

ルールを知って 守ることよりも、危険かどうかを判断して 自身の安全を確保する能力を身につけてもらいたいと 僕は考えています。

だから僕は、学校の先生とは違う教え方をするときがあります。

できることよりも 分かること

「速さ」とは「単位時間あたりに進む距離」のことです。

f:id:inthepig:20211121211341j:plain

「きはじ」「みはじ」などの公式をサクッと覚えることで、速さの問題は(ある程度までは)簡単に 解けるようになります(できるようになります)。

学校の先生は

「速さ」=「距離」÷「時間」

こうやって教えているとします。

f:id:inthepig:20211121211345j:plain

僕(おじさん)は

「速さは 単位時間あたりに進む距離」

このように(結構しつこく)教えています。

「単位時間あたりに進む距離」を求めるためにはどうすればいいのか?というと 「進んだ距離」を「進むのにかかった時間」で割る必要があります。

「速さ」って ようするに何ですか?

という「速さ」に対する概念が しっかりと分かって かつ「単位量あたりの大きさ」の概念が頭にあれば、「速さ」を公式(「距離」÷「時間」)として丸暗記する必要はありません。

f:id:inthepig:20211121211341j:plain

もちろん 受験が間近にせまった中学3年生や 定期テスト前のタイミングでは 公式もしっかり覚えて 確実な得点を狙います。

なんですが

時間に余裕があるときや 複雑化した速さの問題を解く必要があるときは「速さとは 単位時間あたりに進む距離」であることを しっかりと共有し、「速さ」の概念を分かってもらえるように(しつこく)努力しています。

「速さ」の概念に対する理解度の差は、分速と時速を換算する問題が出題されたときなどに 得点力の差として 分かりやすい形で あらわになります。

学校の授業や 教科書の順番と違う

僕(おじさん)は、教科書の順番よりも 勉強の効率(勉強時間に対してどれだけ得点できるようになったか)を優先しています。

f:id:inthepig:20211121211349j:plain

(分数の)通分の概念を習うとき 教科書の順番どおりだと 上の絵のような図を見ながら 「1/2」と「2/4」が同じ値を意味することを学習します。

f:id:inthepig:20211121211353j:plain

僕(おじさん)の場合は 教科書をちょっとだけ先取りして「分数は 計算をすすめる前の割り算」であることを 早めに伝えています。

「分数」は「計算をすすめる前の割り算」なので、約分や通分という 操作を行って表面上の数字(分母と分子の数)が変化しても、分数そのものが表す数の大きさは 不変なんです。

f:id:inthepig:20211027133328j:plain

分数は それまで習ってきた数とは まったく異なる性質を持つ数の表し方です。分数の性質を 教科書の順番を飛び越えて 伝えることで、分かるまでの時間を大幅に短縮できます。

同時に 先の単元を予習できたことになるので、学校の授業が とても分かりやすく聞こえてきます。(すでに知っていることを もう1度復習する時間になるので)

学校の先生と 教え方が違います

そんなわけで 本当に申し訳ないのですが 学校の先生とは 違った教え方をしていることがあります。

f:id:inthepig:20211121211345j:plain

もちろん

「学校の先生は 授業で こんな風にお話するかもしれない」ということを 事前に共有したうえで 「こんな考え方があります」というように教えています。

(迷子にならないように 慎重に案内しています。)

「ちょっと先の範囲を先取りします」ということも伝えています。喜ばれる場合と、「なんで先のことを勉強するの?」と質問される場合があります。

多くの場合「先取りしたことの効果」が表れてくるタイミングで 先取りすることが喜ばれるように変化します。 

(中学校2年生なのに小学校5年生の内容に戻ったり 学習範囲を先取りしたり後戻りしたり 行ったり来たりしながら授業をすることが多いです。)

f:id:inthepig:20211121211357j:plain

僕は 公教育(義務教育?)の先生では ありません。

ちょっと言い方が良くないかもしれませんが、学校の授業だけでは 学習範囲の勉強が よく分からなくなってしまったお客様に対して もっとずっと勉強が分かってもらえるような 教え方を全力で心がけています。

ですので、学校の先生と同じ教え方では 結果が変わらないことが多いので、学校の先生とは ちょっと違う教え方をしています。

(なんだか偉そうで申し訳ないです。)

というわけで 信号機などの例を出して 学校の先生と おじさんと 教え方が違うときがあるというお話を しました。

(やっぱり偉そうで ごめんなさい。)

f:id:inthepig:20211127205555j:plain

速さがよく分からなくなったときに読むお話 ⇒ 速さの問題が分からないときに読んでほしい

f:id:inthepig:20211027133336j:plain

分数の苦手を克服してほしい ⇒ 分数の苦手を克服してほしい