算数教室と暮らし 平塚市の個別指導塾

算数教室の 先生(おじさん)の日常

ミニテーブルをdiy ツーバイフォーで家具

ミニテーブルを diy 作ります。

f:id:inthepig:20210819224008j:plain

ミニテーブル(サイドテーブル?)を diyで 作りました。

な ん で ま た 作 っ た の ?

同じようなものを 同じような作り方で ちょっとずつ改良して 工夫を重ねて 何度も作ると、(少しずつですが)上達を感じることができて 楽しいからです。

勉強もスポーツも芸術も同じ だと思いますが、上達に 反復練習は 必要不可欠です。む。

前回作った サイドテーブル

前回のサイドテーブル ⇒ ツーバイフォーでサイドテーブル diy 自作

ミニテーブルをdiy ツーバイフォー

ホームセンターで 曲がり ねじれの 少ない材料を 選びます。今回のミニテーブルのサイズは、およそ 幅450mm 奥行き350mm 高さ380mmです。

天板は 18mm厚のパイン集成板で 450mm×350mm。ツーバイフォー(2×4)とツーバイスリー(2×3)を 組み合わせます。

f:id:inthepig:20210819224015j:plain

けがき線をいれるとき、ツーバイフォー(2×4)定規という ツーバイフォーに対して最適化された定規があると 便利です。ホームセンターで買えます。

2×4材の中心位置(2等分)や 3等分4等分の位置などが すぐに印せるの、時短につながります。

f:id:inthepig:20210819224110j:plain

卓上丸ノコを使って 材を必要な長さに 切断します。

(ミニテーブルの)脚の部品は、設計した長さに切断することよりも、4本すべての脚を「同じ」長さで切断することが重要です。

少なくとも2本を組み合わせて 同じタイミングで切断したり、つっかえ棒を使って 同じ長さの部品が 量産できるような仕組みを作ったり、ちょっとした工夫が必要になります。

f:id:inthepig:20210819224043j:plain

必要な部品を切りだしました。

大きな節が 切断面に出てきてしまうと そこから ボロっと 節が取れて欠けてしまうことがあるので、節の上を切断しないように 材料の取り方を 注意します。

ミニテーブル スターエム 竹用ドリル diy

ビス(ネジ)の頭を隠すために、ダボ(埋め木)を入れる穴を 開けます。

f:id:inthepig:20210819224130j:plain

バリのない きれいな 穴を開けるために、スターエム(株式会社スターエム)の 竹用ドリルを使っています。

いくつかドリルを試しましたが、スターエムの竹用ドリルが 簡単に 最もきれいに 穴を開けることができました。

バリができてしまい ダメだったものは ⇒ 鉄工用ドリル、先端にネジが切ってある 木工用ドリルです。

スターエムの竹用ドリルは、穴の外周部分の繊維を 先に切断してから 切り進むような構造の 刃の形なので、穴の周囲にバリや ササクレが できません。

とても優秀。

道具選びは とても大切です。

f:id:inthepig:20210819223951j:plain

天板にも バリバリ 穴を開けます。

普通は 天板側から取り付けビスを 打たないのでは? と思いますが、デザインのひとつとして 上側からビスを 打っています。

サンダーで 表面を整える

ひととおり 下穴などが 開けおわったら、サンダーで表面を整えます。

f:id:inthepig:20210819224005j:plain

ぎゅいーーーーんっ

粉塵(木の粉)が ものすごく 舞うので、防塵マスク必須です。健康が一番大事

粗さは 180番のヤスリを選んでいます。240番や400番まで 仕上げたこともありましたが、切削速度と仕上がりの滑らかさのバランス的に、今は180番に落ち着いています。

f:id:inthepig:20210819224031j:plain

角の面取りは、手作業です。

電動工具は 切削がとても速いので、角部分を均一に仕上げることが 難しいです。電動工具と 手作業を 適材適所に 使い分けると、きれいに仕上がります。

塗装 色付け オイルステイン 水性 diy

組み立てる前に色を付けます。着けます?着色。

f:id:inthepig:20210819224025j:plain

アサヒペンのオイルステイン 水性タイプを使っています。ほとんど無臭なので、気分よく 作業が進みます。

ぼろきれ(穴が開いた靴下)に しみこませて 塗ります。塗るというより「こすりつける」イメージに近いです。

「塗りながら ふき取る」作業を繰り返すことで、ムラは ほとんど 生じません。

f:id:inthepig:20210819224053j:plain

ムラのように見えるのは、木の表面の 吸収率の違いによるものです。

乾いてしまうと ツヤが まったくなくなるので、色ムラがあっても ほとんど分からない とても優秀な塗料です。

f:id:inthepig:20210819224012j:plain

diy界隈で有名な?ワトコオイルは、臭い(おいにー)が なかなか きつく、完全乾燥(無臭になるまで)に かなり時間がかかります。なかなか室内に持ち込めません。

じっくりと外で乾かせる時間がとれるのならば、ツヤの出方が特徴的で とてもかっこいいので ワトコオイル おすすめです。

f:id:inthepig:20210819224022j:plain

ミニテーブルの組み立てに必要な材料が そろいました。いよいよ組み立てです。

ミニテーブルをdiy 組み立てます

作業台は 広ければ広いほど 使いやすいです。

f:id:inthepig:20210819224019j:plain

また、ある程度の高さがあると、腰を痛めにくいと思います。

テーブルの上にテーブルを重ねて、2段構造にしています。工具や部品を仮置きするスペースが確保できつつ、机の高さも稼げます。

f:id:inthepig:20210819224127j:plain

天板の裏に入れる補強材から 組み立てを始めます。この部品の位置を基準に、脚の位置が決まるような構想になっているので、慎重に位置を決めます。

ビス ネジの長さ diy

ビス(ネジ)の長さは、欲しい強度から逆算して 検討します。

f:id:inthepig:20210819224040j:plain

木工の場合、固定する部材の3倍の長さが必要と 一般的に いわれています。

足を天板に とめる部分は 90mmのビスを使います。天板の厚みが18mmなので、5倍の長さです。地面と水平方向に 梁を入れているお陰もあって、まったくグラつきません。

f:id:inthepig:20210819224057j:plain

天板の補強部分には、約35mmのビス(ネジ)を使います。

下穴を開けたときの 切りくずを飛ばすために、シュコシュコがあると便利です。このシュコシュコするやつ、正式名称は なんでしょう。ホコリ飛ばし?ブロワー?

息を吹きかけて フーっと やってもいいんですが、顔を近づける都合、目に切りくずが入ってゴロゴロします。シュコシュコ 優秀。

写真が多く、ページが重くなってしまうので、次のページに移ります。

続きはこちら ⇒ ミニテーブルを作りました diy